お知らせ

カテゴリー : コラム

お勧め勉強方法 時間編

2019年9月24日 カテゴリー:コラム

 

今日は勉強の「時間」に関してです。時折生徒たちから本当に基本的な事を聞かれるので、当たり前の事ですが、お伝えしたいと思います。ひとまず中3生に関してです。

 

■勉強時間は?

 

理想は平日で一日4時間、土日祝で一日8時間くらいは欲しいですね。(塾の時間含む)ただ、実際これくらい勉強している子は全体から見るとなかなかいないと思います。最低でも平日一日3時間、土日祝は6時間は欲しいです。

 

逆に言うと、春日井高校までであれば、普段から覚悟を決めて本気で勉強している子の割合はそれほど多くはありません。そのため上述した平日4時間以上勉強すれば、春日井高校までのレベルは達すると思います。

 

■一日4時間連続で勉強できない!?

 

これ、意外と良く聞かれる質問です。連続で4時間勉強するなんて大人でも無理です。人間の集中力は最長でも90分くらいしか続かないと言われています。そのため、90分+90分+60分と間に休憩をはさみコマ切れで勉強しましょう。

 

■いつ勉強するのが良いの?

 

まず大切なことは、帰宅してからなるべくすぐに勉強を始める事です。多くの生徒たちが返って一息ついて勉強を始めるという子が多い気がします。ただ、その「一息」が1時間だったり、2時間だったり。。。そのため勉強を開始する時間が遅くなり夜更かしせざる終えないという悪循環です。夜遅くまで勉強するのは基本的にはよくないです。なるべく早めに寝るように習慣づけましょう。

 

 

■結論!

 

・逆転合格したい場合は一日4時間以上を目標に勉強しましょう!

・帰宅してすぐに勉強に取り掛かる事が大切です!

・テスト週間だと

 

16時帰宅→16時30~18時30 勉強 →18時30~20時 ごはんやお風呂など → 20時~22時 勉強 22時以降 睡眠 or 携帯、TVなどの自由時間

 

というのが理想的だと思います。

愛知県全県模試の結果に関して思う事

2019年9月23日 カテゴリー:コラム

愛知県全県模試が返却されてきましたね。そのことに関していくつか私が思う事を今日はお話しようと思います。

 

■結果に一喜一憂しない

 

もちろん模試の成績が上がったらうれしいですし、下がったら落ち込みますよね。ただ、今回の模試の結果はまだそれほど気にする必要はありません。みなさん、夏休み頑張ったと思います。ただ、その結果が出るのは10月くらいです。個々人の勉強のスタイルや塾の方針にもよると思いますが、ここまではまずは基礎の徹底の時期です。これから演習問題の訓練をしていけば、いくらでも上がります。逆に今基礎力がついていない状態で今回模試の結果が良かった子は注意してくださいね!

 

 ■模試の結果をしっかり見よう

 

まずは、点数、偏差値、そして志望校の合格パーセンテージですね。その前に、今回詳しい説明は省きますが、偏差値の意味がわかっていないお子さんが多いので、お子さんが偏差値の意味を知らない場合は教えてあげてくださいね。

 

そしてもう一つ大切な内容は、「出題項目別の成績」というところですね。各科目のどの分野が得意で、どの分野が苦手なのか全県平均点と比べながら分析しましょう。特に理科、社会は分野ごとに分かれて入る事が多いので、今後の対策が立てやすいですよね。

 

 ■目標点をどうやって取っていくのか戦略をたてよう

 

ちょっとかっこいい言い方をしましたが、例えば春日井南高校が第一志望としましょう。だいたい55%~60%は最低欲しいかなと気がします。数学を例にとりましょう。例えば、数学で点数が取りやすい範囲は、最初の式の計算のところです。この分野だけで、何と40点あるんですよ!ここで点数を落としている人は一度計算問題も演習をつんだ方が良いと思います。あとは角度、証明問題、方程式、一次関数のグラフを書く問題などは今回解きやすいと思います。ここだけ確実にとれば、難問を無視しても春日井高校レベルまで点数が取れるわけです。極端な言い方をすれば、「どの問題を捨てて、どの問題で確実に点数を取るか」という事が一番大切ですね。(名古屋の高校を狙う子はまた別の対策が必要です)

 

上記をやった上で模試のやり直しをしましょう。やみくもに自分のレベルに合わない問題ばかりやっても仕方ないので、自分の志望校やどの問題を確実にマスターするかを考えた上でやり直していきましょう。

 

中3生は2学期以降、中3の範囲以外の実力問題が出題されます。必ず!!模試の問題はやりなおしましょうね!

塾で一番お金がかかる中3 夏期講習 いったいいくらかかるの?

2019年9月22日 カテゴリー:コラム

塾に相談に来られる方の中で時折聞かれる事が、

 

「夏期講習とかっていくらくらいかかりますか?知り合いからすごい高いところもあると聞かれたので」

 

と言われる事があります。確かに中3生の夏期は受験で一番大切な時期なのでお金がかかります。ただ、他の塾から来られる方の話を聞くと、

 

夏期講習で20万、30万とった方が言われました

 

と。

 

さすがに、20万、30万はやるすぎかなと。というかぼったくりに近い感じがします。実は私も大手の塾にいたので内情はわかります。

 

塾は夏期講習が稼ぎ時で、社内ではノルマや売上ランキングという物があるんですね。それであの手この手をつかって売上を上げようとしているのです。もちろん中には必要以上に、不安をあおって売上を上げようとする塾もたくさんあります。だいたい、夏休みの前に「懇談」という名目で営業する事が多いですね。

 

一概に金額が高い塾が悪いとは思いませんし、金額が安い塾が良いとも私は思いません。ただ、お子さんに見合った授業、そして金額以上の価値のあるものを提供できるかどうかですよね。

 

率直な話私が良く講師の人に話すのは

 

 「生徒一人一人に対して必要以上のものは提案しないでください。ただ、生徒の合格に必要な場合はそれは多少高額になったとしても提案してください。ただ時間、金銭的な都合も各家庭があるのでその中でベストなものを選んでいきましょう」

 

と伝えています。お子さん一人ひとりの志望校合格のために必要なものを提案するのが塾の仕事だと考えています。

 

ちなみに、当校は授業1回あたりの単価は通常授業と同じです。例年中3生の方で

だいたい4万円から10万円くらいとなります。この中には、教材費や模試代金も含まれています。

 

塾もかなりの数がありますし、塾のプランがたくさんあるところもあってなかなか大変だとは思います。保護者の方、お子さん両方とも納得した塾に通って欲しいなと思います。

大事なお金の話

2019年9月20日 カテゴリー:コラム

受験シーズンも後半に入りました。今までは、ふんわりとした理想の志望校も、これからは現実的に考えていかないといけません。もちろん、入試そのものに関してもですがお金に関しても考えていかないといけません。

 

例えば奨学金。高校生のみなさんは驚くほど奨学金に関して知りません。本当に基本的なところで言うと、「返済 or 返済不要」「有利子 or 無利子」 毎月いくら借りて、卒業後いくら返済していくのかなどなど。それは当然かもしれません。ただ、情報がない状態であまり深く考えずに奨学金を借りたり、逆に奨学金に対して不安がつのってどうしてよいかわからなくなってしまうお子さんもいます。

 

また親子で意見が食い違う場合があります。

 

保護者の方は、心配なので、最低でも必ずどこかに合格できるよう滑り止めの大学を受けて欲しいと思う方が多いです。ただお子さんは、やっぱり親御さんにお金の迷惑をかけたくないために、受験する大学数を減らした方が良いのかな、というお子さんもいます。本当は保護者の方も、お子さんも大学を受験したいのに、お子さんもなかなか本音が言えないために意見が食い違って受験数を減らしたりする事もあります。それで合格すれば良いですが、万が一全て不合格になってしまったら本当に大変です。

 

なかなか家族でお金の事は話しにくいかもしれませんが、しっかりと話し合って欲しいと思います。

 

実は、私自身大学のお金に対して後悔している事があります。当時は本当に常識がなく、奨学金に関しても何の予備知識もありませんでした。返さなくてもいいんんかな?などと思った事もあるくらいです(本当に恥ずかしくて話したくないくらいですが)。そこで何の知識もないまま奨学金を借りました。

 

また、自分の家の経済状況も全然わかっていませんでした。そんな何も知らないまま関西の大学に行く!と言い出し、一人暮らしを始めました。当時の私の家計から行くと大変だったと思いますが、父親はそんなそぶりを見せる事はしませんでした。また、親が自営業のため、良い時もあれば悪い時もありました。ただ世間知らずの当時の私は、家計が苦しい時でも重く受け止める事をしませんでした。

 

社会人になり、少しずつ独り立ちできるようになり、奨学金も返済し親孝行でもしようとしたいなぁと思った時、父親ががんになりなくなりました。その時は本当に後悔しましたね。

 

自分が大学時代、本当に迷惑かけっぱなしだったなぁ。もし自分が自宅から通っていたら苦労させずに済んだのかな。。

 

受験時にきちんと家族で話し合っていたら、状況は大きく異なったのかな。

 

など。受験生のみんなには、本当に同じような失敗をしてほしくないと思います。もし可能であれば

 

  • お子さんに奨学金の事をしっかりと理解してもらう
  • 受験するにあたり、家族でお金の事に関して話しあいの時間をとる

 

事をしてほしいと思います。将来悔いのない受験をしてほしいと思います。

総合力で負けても大丈夫  

2019年9月18日 カテゴリー:コラム

 

受験が近づくこの時期、みんな不安になりますよね。受験生に限るわけではないのですが、

 

「〇〇の科目が伸びない」

 

 

「友人に勉強も運動もなんでもできる子がいてうらやましい」

 

などたびたび聞きます。そこでふと自分の社会人になりたての事を思い出しました。最初は驚きの連続でした。それは同期や先輩がみんなすごくてすごくて。。

 

まず、学歴は東大、京大、早稲田、慶応がずらり。その上、家はお金持ちで、イケメン、美女。仕事に対しては誰よりも努力するメンバー。それなのに、

 

性格もめちゃくちゃいいんです!

 

入社した瞬間感じました。

 

 これは勝てない。。

 

と。仕事をやりながら感じた事は、ビジネスマンとしての総合力は僕なんかでは太刀打ちできないわけです。ただ、自分の得意分野、当時から教育の仕事をしたいと思っていたので、教育の事に関しては誰にも負けたくないし、勝ちたい!と思うようになりました。

 

総合力で勝てなくてもいいんです。自分の得意分野一点で勝てればいいんだと。

 

なかなか自信が持てない生徒も最近は多いです。ただ私から見るとみんなすごく良いものを持ってるんですよね。

 

・毎日自習に来て努力を継続する力を持っている子

・塾で騒がしかったら率先して注意してくれる子

・いつも誰よりも元気よく挨拶してくれる子

・絶対に宿題を忘れない子

・いつも周りに気配りをする子

 

周りにすごい友達がいると劣等感を抱いてしまうかもしれません。もちろん自分よりすごい人は世の中数えきれないくらいいます。ただ、お子さん一人ひとり良い点を持っています。それは私が見ていてすごく光り輝いています。

 

生徒のみんなには、一つ自信が持てるものをもって欲しいと思いますし、私からも伝えていきたいと思います。その一つがあると、何か困難に立ち向かった時や、くじけそうになった時、乗り越えれると思います。

 

 

それを武器に、生徒のみんなと頑張っていけたらなと思います。

名古屋でまるでアジアにいるような気分になれる場所

2019年9月15日 カテゴリー:コラム

今日栄に行ってきましたが、名古屋も本当に外国人が増えましたね。特に栄は本当に多いですね。その中でも中国、ベトナム、フィリピンの人が多い印象を受けます。私は最近はちょくちょくアジアの人と仕事をする事があります。そうすると、日本人が知らない、日本にいる外国人お勧めの多国籍料理を教えてくれるんですね。そこで今日は日本にいながら、海外気分を味わえる塾長お勧めのお店を紹介しようと思います。

 

■ベトナム料理 フォーゴン

 

今日初めて行ってきました。栄駅から徒歩数分のところです。店に入ろうとするやいなや、20人くらいの行列が。。そして、並んでいるお客さんは全員ベトナム人です。一人のベトナム人にどこから来たのか聞いて見ると、今豊田に住んでいて、実習生として働いているとの事でした。そこで何分か待っていると並んでいるベトナムの方が、

 

先に入ってください!

 

と。なんていい人なんだ!お言葉に甘えて中に入りました。店内は満席で一つのテーブルに相席です。ひとまずおいしそうな料理をいくつかたのみました。ただ、料理が来ても本場のベトナム料理なんで食べ方がわからないんですよね。。すると、目の前のベトナムのお客さんが、これまた料理の食べ方を教えてくれました。これまたなんて親切なんだ!と。

 

頼んだ料理は、全て感動するくらい!!おいしかったです!

 

定番のベトナム料理フォーですね。

 

 

 

ベトナム風生春巻きです。世間一般の中に野菜が入っている生春巻きとは別物です。これにかけるたれは少しピリ辛の味です。

 

 

 

このしらたきみたいなもの?(お米でつくったものらしいです)が、これと奥にある野菜と、肉とたれを一緒に食べます。この豚肉がめちゃくちゃおいしいです!本当にびっくり!

 

 

 

二人でお店に行きましたが、全部食べて2500円くらいでした。

 

 

入口と店内はこんな感じです。

 

 

 

 

 

今日は食レポみたいな感じになりましたが、お客さんがほぼ全員ベトナムの方なので現地の雰囲気を味わえます。

 

少しまじめな話をすると、これからの時代は中国をはじめとしたアジアの時代だと思うんですよね。ただ日常生活においてアジアの国の人たちと合う機会ってそれほど多くないと思います。今回のようにただレストランに行くだけでも、子どもたちからすると外国の人を見て外国の食べ物を食べて視野が広がると思います。

 

理屈はおいといて味は感動するくらいおいしいですし、ネットでの評価もすごく良いので興味がある人は行ってみてくださいね!

■ベトナム料理 フォーゴン

https://tabelog.com/aichi/A2301/A230103/23061327/dtlrvwlst/

栄近辺は夜は少し怖い感じがするので、行くなら昼がおすすめです。

今年の大学受験 推薦入試の予感

2019年9月13日 カテゴリー:コラム

最近他の塾の方と話す機会が多いです。そして受験情報の交換もよくします。

 

9月に入り今後まずは大学受験のAO入試や公募推薦入試が始まります。そこで最近話していて感じるのが、

 

 

例年だったら合格している成績なのに、今年の推薦試験で不合格になっているなぁ

 

 

例年に比べ、当校に推薦試験対策の申し込みが増えているな

 

と。これはどういう事かというと、やはり今年はセンター試験最後という事でみんな安全志向になっているなと。そのため私立のAOや公募推薦試験を受験する子が増えているんじゃないかと。特に今年は例年以上に、併願ではなくて専願の推薦が増える気がします。

 

焦らすわけではないですが、今年に限っては推薦試験は倍率がかなり上がってくると思います。本気で推薦試験で合格を狙う子は正直学校の先生に見てもらうだけでは弱いです。

 

まだ時間はあるのでしっかりと対策をしていきましょう。

今日の生徒との会話

2019年9月12日 カテゴリー:コラム

中学生もエンジンがかかってきましたね。自習に来てもくもくと頑張る生徒が増えてきました。今日一人の中3の生徒と話していて

 

「思ったより実力テスト上がらなかった」

 

と落ち込んでいました。そこでいろいろ話しました。

 

今回の実力テスト、期末テストと比べてどうだった?

 

と聞くと

 

「20番しか上がらなかった」

 

と。まず塾に入って比較的新しい子だったので、定期テストだったらもうちょっと順位を上げたいけど、実力テストで20番ぐらい上がったらまずまずいいよと、伝えました。みなさん、夏休み頑張ったと思います。今回のテストで大幅に上がった子も結構います。

 

 

ただ、基本的には、この夏休みの頑張りが結果に出るには10月くらいかなと思います。もし今回夏休み頑張ったのに、あまりよくなかったなぁ、と思う子は、もう少し待ってください!みなさんの頑張りは決して無駄にはなっていません。ただ結果が出るのがあともう少し先なんです。あともう少しで成績が爆上がりするのに、ここであきらめてしまったら本当にもったいないです。

 

特に女の子は自信がない子が多いような気がします。順位が上がっているのに、自信がない子もいます。ただ私自身、久しぶりに授業を担当する生徒を見ると、以前に比べて学力がめちゃくちゃ上がっていて、びっくりする子が本当に多いんですね。

 

自分自身では成長しているかどうかわからないかもしれません。ただ我々講師から見ると本当に力がついてきて、結果が出るまであともう少し!という場合があります。

 

もし、学校の先生や塾の先生に、

 

「最近頑張ってるな、実力ついてきな!」

 

と言われたらそれは本当の事なので自信をもってください。結果が出るのはあとほんの少しです不安な時期だとは思いますが、今まで自分がやった事を信じて努力し続けましょう。そして、少しでも不安なことや勉強方法がわからない場合は学校でも、塾でも相談してくださいね。

六軒屋教室本気モード突入!

2019年9月11日 カテゴリー:コラム

 

実力テストが終わったばかりですが、、、二学期中間テストがもうすぐですね。特に中3生はみんな一喜一憂してはいますが、

 

今日六軒屋教室に入ると、

中3生がみんな本気で勉強に集中しているじゃないですか。。

 

一言も話さずに黙々と勉強を頑張っています。何かあると、

 

「先生、質問があるので教えてください!」

 

と。そして周りを見ると何と中1生までもが自習に!

 

一気に雰囲気変わりましたね。そして驚くべきことが、授業が終わると

 

「先生、もう少し勉強したいんで帰り遅くしてもらえませんか」

 

1学期はまだなんだかうわついた雰囲気でしたが、ここに来てぴりぴりとした本気モードに入ってるじゃないですか!

 

こんな姿を見せつけられると、講師としては気持ちは高まりますよね。

 

生徒のみなさん、中間テスト頑張ろうじゃないですか!一緒に中間テスト乗り越えましょう!

 

 

塾長日記 受験生時代を振り返る 3

2019年9月10日 カテゴリー:コラム

今日は私の大学生活の反省点です。良かった事よりも、この失敗点をみなさんにお伝えしたいです。

 

・生活リズムが乱れる

 

かなり生活リズムは乱れました。その中でも特に食生活。作るのが面倒くさくて外食がほとんど。しかも、近隣には当時「180円ラーメン」というラーメン屋があり、週に3回くらいは通っていましたね。そのせいで入学当時 70キロだった体重はマックス92キロに。。帰宅した時、家族はびっくりしていました。ちなみに、今は体重75キロくらいです。

 

 

・お金、奨学金の問題

 

やはり下宿生はお金がないですね。もちろん大学生活中も貧乏学生ですし、社会人になってからも奨学金を返済しないといけないので、若いうちは大変でしたね。特に私は東京で勤務していたこともあり、奨学金の返済には苦労しました。また、高校時代奨学金に関しての知識がまったくなく、ものすごく軽い気持ちで奨学金を借りました。塾立ち上げの資金を稼ぐのも時間がかかり大変だったので、実家に暮らしていたら塾の立ち上げ時期が2~3年早かったかもしれません。

 

 

・留学問題

 

 

貧乏学生だったので、長期の留学に行く事が出来ませんでした。社会人になると1年間留学する事は無理ですよね。もし実家通いだったら1年以上留学に行っていたと思います。

 

 

 

・語学を専攻にすべきではなかった

 

私の場合100%語学専攻ではなかったのですが、それでも他の専門的な学部を専攻すべきだったと思います。それは語学は、専攻しなくても留学したりなど自分でも勉強できるからです。例えば「経済」「経営」「情報」などの他の学部を専攻し、自分で留学し語学を学んで 語学+他の専門性 を身につけるべきだったかなと思います。

 

大学生活を振り返ると良い点、悪い点といろいろありますが、とくに後悔はしていません。非常に濃い楽しかった学生生活を過ごす事が出来たと思います。ただ、みなさんには私のような失敗をしてほしくないので、少しでも参考になればと思い今回記事にしてみました。

 

以上私の大学生活でした。県外の大学を考えている方にとって少しでも参考になったらと思います。

最新の投稿

カテゴリー

月間アーカイブ

無料体験学習のお問合せはこちら

まずは体験からお気軽にどうぞ

小学生国語対策 1ヶ月1,000で実施!

春日井駅徒歩10分

春日井個別指導学院

関田校
〒486-0855
春日井市関田町3丁目57
TEL:0568-29-9981

六軒屋校
〒486-0842
愛知県春日井市六軒屋町
6丁目16-1 東館
TEL:0568-29-6542

高校本部校
〒486-0842
愛知県春日井市六軒屋町
6丁目16-1 西館
TEL:0568-29-6542

私立大文系専門個別指導LINKS
愛知県春日井市勝川8-8-1
大山東ビル 105
TEL:0568-29-9981

お問い合わせフォームはこちら)

当塾へお寄せられる質問のベスト5をピックアップしました。

1位 授業料はどのようになっていますか。
2位 教室の見学はできますか。
3位 先生は選べるのですか。

よくある質問一覧